Story

わたし、どういきればいいんだろう・・・

 

​デジタル化の波が押し寄せるテレビ局。

外資の参入。

その大きなうねりの中で花形キャスター陽子がみたものは・・・

Story

 

原 陽子(岡本美沙)(34歳)、地元のテレビ局・福岡中央テレビ(HCT)の売れっ子ニュース・キャスターだが、今、職業上の大きな曲がり角に立っている。

 

経営難に直面したHCTの企業合理化や、キー局のBSデジタル放送や地上波のデジタル化という地方局の根幹を揺るがす事態にも直面していたのである。


陽子は、職場の上司で恋人・森嶋純一(四方堂亘)(43歳)に、キャスター専任を働きかけるが、森嶋の反応は鈍い。

陽子の相談相手であり、局内で唯一心を許している深町誠治(小田壮史)(28歳)は、社会部の放送記者。正義感が強くHCT労働組合の書記長を勤めている。


ある夜。陽子は、深町とともに中洲の行きつけのバー『ぼっけもん』(ママ役 沢田亜矢子)に出かけ、一人の若い女性と出会う。
数日前から勤め始めた塚本詩織(内田宏美)(26歳)。福岡を拠点に活動する劇団の看板女優の詩織と陽子は初対面だが惹かれ合う。陽子は、詩織が大牟田市の出身だと聞いて、さらに、親近感を覚える。東京で生まれ育った陽子だが、父親の謙作も大牟田出身だったからである。


福岡中央テレビ(HCT)に激震が走る。臨時組合大会で、深町は衝撃的な事態を報告する。

ドイツの巨大メディア企業・グゥッテン社がHCTに資本参加して、東南アジア向けの衛星放送局に改編しようというのである。

陽子は、母・貴代子(星 百合子)(62歳)から、父・謙作(入川保則)(64歳)が肺ガンで余命三ヵ月という知らせを受ける。ショックを受けた陽子の脳裏に浮かび上がる父・謙作との相克。

陽子は、詩織と再会。詩織が、『ぼっけもん』を辞めたのは、全国的な女優をめざして上京するための資金稼ぎだという。そんな詩織が、奇妙な質問をした。
詩織「『ひだるか』って言葉知ってますか?」
陽子「スペイン語?」
詩織「大牟田の方言で、「ひもじくてダルイ。おなかは空いてるんだけど、ダルくて動く気力が湧かないって意味なんですけど…。私、博多にいたら、ずーっと『ひだるか』のままかなって…」
陽子「わかるな。その気持。私も今、何だか『ひだるか』状態。私も詩織ちゃんに負けないように頑張らなくっちゃ」

陽子は、深町とともに「三井・三池争議」をテーマにした番組を企画し、制作にかかる。

 

​はたして、陽子の思いは届けられたのか?また、陽子はどう生きるときめたのか?

 

あの日、私は新聞記者として三井三池のホッパー前にいた・・(鳥井守幸 TVコメンテーター・元サンデー毎日編集長)

>> Read More

Media

新聞記事・およびMedia

>>Read More​

主演・岡本美沙がこの映画の音楽を担当。ピアニスト・作曲家である彼女もこの映画では好評を博した。Sound Truckなど。

>>Read More

 

INTArview インタビュー

鳥井守幸 TVコメンテーター・元サンデー毎日編集長

あの日、私は新聞記者として三井三池三川坑ホッパー前にいた。1960年7月17日、1300人の解雇通告に始まった無期限ストとロックアウトの応酬のヤマ場だった。「総資本と総労働の対決」と呼ばれ、国会をデモ隊が包囲した反安保闘争と並ぶ時代史的現場だった。この映画はデジタル化による再編成、外資導入に揺れる現代のテレビ局を舞台にしながら、43年前に日本人が突きつけられたものと同じ主題ー変革と混迷をどう生きるか、選択の難しさと苦悩を見事に描き出し、世代を超えて人々の心を打つ。

木崎敬一郎 映画評論家

たいへんな力作です。テレビとは何かという問題が、地上波と衛星放送の切り替え、外資の導入、放送の質の民主化をどう確保するか等をめぐって問われます。一方で三池の戦闘的労働組合運動 の伝統、労働者の団結をどう維持し、組合の分裂策動をいかに克服するか。そして企業の合理化、リストラをどう跳ね返すか等、今日的な問題がわんさと出てまいりますが、いずれもドラマによく吸収されていて煩わしくありません。見事な設定と構成力で我々の問題意識を刺激します・・・」
 

羽仁進 映画監督

「ひだるか」拝見しました。なかなか一本筋の力作でした。撮影はしっかりしていました。益々のご健闘を祈ります。

現代の混迷と三池闘争の二つの時代を重ね合わせるという狙いは、なかなか鋭いものだと思いました。

それは正改法で描いていく手法は一つの道だと思います。その釣~強さもありましたが、逆にふつうのテレビドラマに誤解されないかと少し思いました。

二つの時代を一本の映画で描くというアイデアを手法の上にも取り入れて、少し変わった構成にしてみるというやり方もあるような気がしました。

主演の岡本さんも名kぁ中の力演でしたが、しゃべり方がもう少しキャスターらしいほうがよかったと思いました。

とにかく、とても誠実な映画でした。

先行の上映が地元で反響を呼んだこともおめでとうございます。(2005年10月)

 

media 

関連記事
発行日 新聞社名:サイト名 見出し


2004/05/12

 西日本新聞 三池争議テーマの映画「ひだるか」7月製作開始 港監督ら大牟田市で会見
 

2003/04/09 

熊本日日新聞 荒尾・大牟田舞台に映画(JPG)
 

2003/04/10 

読売新聞 「三池争議」をモチーフに現代のリストラ描く

2003/04/11 

西日本新聞 「三池争議」現代に問う 大牟田出身 港さん、友人らと映画製作へ
 

2003/04/18 

東京新聞 「三池争議」現代に問う
 

2003/05/05 

朝日新聞 若者の視点で映画化
 

2003/05/09 

OCSNews(米国) NY「大牟田会」が映画「ひだるか」製作呼びかけ(JPG)
 

2003/06/18

毎日新聞 経済観測コラム「ひだるか」と団結

 

 

DIRECTOR 監督

Director 監督 >>        港 健二郎

昭和22年 大牟田市に生まれる

昭和45年 早稲田大学第一文学部卒業
鹿島映画社(現カジマビジョン)を経て、フリーの映像作家。

《主な作品》

  • 記録映画「核トマフォーク」日本映画復興会議奨励賞

  • 科学映画「分ける」教育映画祭優秀賞

  • 火曜スペシャル「燃えるマニラの女たち~フィリッピン革命を支えた女性キャスター」(テレビ東京)ギャラクシー賞

  • NHKハイビジョンソフト「レーチェルの思い出」

  • 音楽ドキュメンタリー「荒木 栄」(音楽センター)

  • Time21「特別少年院」(日本テレビ)

  • NHK-BS2「異次元世界へ突入するゲーム」

  • テレメンタリー「ある女優の挑戦」(テレビ朝日) 

              
産業遺産ビデオ「黒ダイヤとよばれて~三井三池と筑豊」

 

劇映画脚本》

  • 「よみがえれ歌」第4回城戸賞準入選

  • 「洋子・32歳・夏」第5回城戸賞ベスト4

                                                              >> Read More

 

MUSIC 映画音楽

「ひだるか」の映画音楽は主演のピアニスト・作曲家、岡本美沙が制作。3歳から音楽教育を受け、大阪音楽大学に進学し、クラシックをみっちりと学んだ本格派。

その岡本はアルゼンチンにも留学経験のあるタンゴピアニストでもあるゆえ、曲想はタンゴっぽい。

テーマ曲、「届かない声、伝わらない涙」はタンゴを意識したバイオリンとのデュオ曲。演奏はタンゴバイオリニスト、柴田奈穂。

また、大牟田出身のブルースギターリストの塩次伸二をむかえ、岡本とのコラボ曲「FUZE」も映画ラストシーンでとても音楽が効果的に使われている。

映画ご観覧アンケートでも「音楽が良かった」と好評をはくしている。

ひだるかサウンドトラックつきあかり” 

 

映画『ひだるか』 Sound Truck。

岡本美沙First Album。

バイオリンの柴田奈穂とのデュオ曲「届かない声、伝わらない涙」は映画「ひだるか」の

テーマ曲。

主に、バイオリン柴田とのデュオ曲が多く含まれている。

映画で使われた曲は打ち込み音源の物も使ったが、このアルバムに関しては、アコースティックアレンジにリアレンジしたものを収録。

      

1.GET WAY

2.届かない声、伝わらない涙(Piano&Violin)

3.つきあかり

4.Mi Melancolia

5.弾く人(ハジクヒト)

6.届かない声、伝わらない涙

7.Luna de Vieja

8.第二章

​9.Fuze

■2005年9月

All Songs Written by Angelita Misa Okamoto/岡本美沙

このアルバムを

ご購入頂いた方に!!

映画で使った楽曲の

​CDをプレゼント♪

こちらから

お問い合わせください

 

Contact

​ご意見・ご感想、または上映のご相談もお気軽にメッセージください。

so we can create creative projects together
 822minato3710@ezweb.ne.jp
 《オフィス3710》
090-9332-6387
 822minato3710@ezweb.ne.jp

  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon
  • White YouTube Icon
  • White Instagram Icon

© 2020 ひだるか制作上映委員会 all copyright  reserved