映画「ひだるか」製作上映委員会
インターネット特別観覧券・最新上映情報はコチラ
キャスト あらすじ ミュージック 監督(映画配給責任者) メイキング フォト
インタビュー CD新発売 製作上映委員会 関連記事 関連リンク 最新上映案内

>トップ>あらすじ

福岡の高速道路を疾走するスポーツカーに原陽子(34歳)。
陽子は、地元のテレビ局・福岡中央テレビ(HCT)の売れっ子ニュース・キャスターだが、今、職業上の大きな曲がり角に立っている。経営難に直面したHCTの企業合理化で、キャスターとリポーターの兼任を迫られたのである。曲がり角に立っているのは陽子だけではなかった。HTC自体が、キー局のBSデジタル放送や地上波のデジタル化という地方局の根幹を揺るがす事態にも直面していたのである。


陽子は、職場の上司で恋人・森嶋純一(43歳)に、キャスター専任を働きかけるが、森嶋の反応は鈍い。というより、森嶋自身が製作部長に抜擢されたばかりで、リストラを推し進める立場に立っていたのだ。森嶋との関係に軽い苛立ちと疲れを感じ始めていた陽子…そんな陽子の相談相手であり、局内で唯一心を許している深町誠治(28歳)は、社会部の放送記者。正義感が強くHCT労働組合の書記長を勤めている。


ある夜。陽子は、深町とともに中洲の行きつけのバー『ぼっけもん』に出かけ、一人の若い女性と出会う。
数日前から勤め始めた塚本詩織(26歳)。福岡を拠点に活動する劇団の看板女優の詩織と陽子は初対面だが惹かれ合う。陽子は、詩織が大牟田市の出身だと聞いて、さらに、親近感を覚える。東京で生まれ育った陽子だが、父親の謙作も大牟田出身だったからである。


数日後、陽子は、詩織の舞台を取材する。
深町も同行。演目は、詩織の故郷・大牟田を舞台にした『ひびきの石』。40数年前の1960年。石炭合理化にともない1200名もの指名解雇撤回を求めた「三井三池争議」を現代の若者の視点で振り返る意欲作であった。三池争議は、『第二組合』が結成されたこともあって労働組合側が敗北。取材後、深町がしみじみと語る。
「…三池争議も第二組合ができて会社側につかなかったらどうなってたか分からんですからね」
「でも、結局は時代の流れだったんでしょう。仕方なかったと思うわよ」

しかし、深町は反論する。
「そうかもしれません。でも、あの三池争議で組合側が勝っていたら、今どのような時代になってたでしょう…炭鉱も潰されることもなかった」
深町も又、炭鉱地帯・筑豊の出身だったのである。


福岡中央テレビ(HCT)に激震が走る。臨時組合大会で、深町は衝撃的な事態を報告する。
ドイツの巨大メディア企業・グゥッテン社がHCTに資本参加して、東南アジア向けの衛星放送局に改編しようというのである。その背景には、政府与党による放送法の改正があった。現行の放送法では、国境を越えた放送は禁止されているだけでなく、外資が日本の放送局を買収して意のままにすることは禁じられていたのである。この、いわば放送の世界にも押し寄せてきた「ウインブルドン化」の流れは、HCTの局員に深刻な動揺を与えたのであった。


その夜。中洲のバー『ぼっけもん』には、深町と陽子の姿があった。
深刻な事態に言葉も少ない二人。「地域に根ざし、住民のためのテレビでありたいという願いが根こそぎ潰される」と嘆く深町。「福岡の四っのテレビの一つが潰れるだけよ」と自嘲気味に呟く陽子に「そうじゃなかよ!」と厳しい叱責の声が飛ぶ。バーのママ・芳江(42歳)であった。「…寂しかよ。HCTチャンネル8は子ども頃からのお馴染みじゃけんね」。そんな芳江の言葉に胸を打たれる陽子。そして、陽子は、詩織が『ぼっけもん』を辞めたことを知らされる。


深夜。帰宅した陽子に衝撃的な手紙が待っていた。
母・貴代子からのもので、父・謙作が肺ガンで余命三ヵ月というのである。ショックを受けた陽子の脳裏に浮かび上がる父・謙作との相克。陽子が、九州・博多のテレビ局に行くのを謙作が許さないのである。数刻後、母・貴代子は、陽子を慰めながら言った。
「お父さん、若い頃、九州でとても辛いことがあって思い出すのも嫌らしいの…」
だが、一途な陽子は、その時、父の心情を思い至ることはできなかった…


余命幾ばくもない父を案じた陽子は、休暇を取って父を見舞う許可をもらう。
その夕刻。陽子は、詩織と再会。詩織が、『ぼっけもん』を辞めたのは、全国的な女優をめざして上京するための資金稼ぎだという。そんな詩織が、奇妙な質問をした。
詩織「『ひだるか』って言葉知ってますか?」
陽子「スペイン語?」
詩織「大牟田の方言で、「ひもじくてダルイ。おなかは空いてるんだけど、ダルくて動く気力が湧かないって意味なんですけど…。私、博多にいたら、ずーっと『ひだるか』のままかなって…」
陽子「わかるな。その気持。私も今、何だか『ひだるか』状態。私も詩織ちゃんに負けないように頑張らなくっちゃ」


『ひだるか』な心を抱えて京都に旅だった陽子は、父・謙作(64歳)を見舞い、母・貴代子(62歳)から、謙作の頑な態度が、三池争議にかかわったことによるものだと知らされる。
が、それかどのようなものか、謙作は貴代子にも伝えていなかったのである。陽子は、病床の謙作に、『ひびきの石』を取材したビデオを見せようとする。が、謙作は、それを見るのを拒否する。死を目前にしてもなお頑な謙作…父は、「三池争議」で一体何を見たんだろうか?…その時、陽子の中に、その謎を解きたいという一粒の小さな種が播かれたのであった。


その夜、陽子は、「一粒の種」をさらに刺激する男と再会する。
かっての婚約者・橋本忠雄(32歳)である。陽子は、どうしてもテレビの仕事がやりたいと忠雄の元を去ったのだ。今は外交官になった忠雄は、テレビの仕事に疲れた陽子を励ます。ベルリンの壁崩壊に果たしたテレビの役割などを挙げて、陽子たちの仕事の社会的意義の大きさを諭すのであった。


福岡に戻った陽子を待っていたのは、陽子の上司・海老原ディレクターらによる第二組合結成への勧誘であった。
ドイツ資本「グゥッテン」の資本参加に強固に反対する組合への反対派を糾合しようというのである。陽子は、戸惑い、悩む。深町への友情もある。しかし、陽子は第二組合に参加。経営危機に喘ぐ福岡中央テレビを守るためには、外資の参加もやむをえないとする海老原らの主張に一応の共感をしめしたのだが、それ以上に全員が新組合に参加したアナウンス室の和を乱すのが怖かったからであった。


そんな陽子に、深町は強く反撥し、「裏切り者!」と面罵する。バー『ぼっけもん』でのことである。
陽子は、深く傷付く。深夜、帰宅した陽子に、深町から謝罪の留守電。「立場はちがったけど、俺、陽子さんを信じている」。


数日後、陽子は、詩織からの呼び出しを受ける。
東京行きを止め、『ひびきの石』を大牟田の中学校で上演するという。そんな詩織の一言「お父さんに三池で何があったんだろう?」

陽子のなかで、何かが弾ける!一粒の麦が成長し、地上に芽を出した瞬間であった。


陽子は、深町とともに精力的な活動を開始する。
「恋人」・森嶋との関係も最大限に利用した。「父の謎を解きたい」という強いモチベーションを持った陽子は、深町に「三井三池争議」をテーマにしたテレビ番組の企画を依頼する。企画は、紆余曲折がありながら通った。詩織たちの大牟田での『ひびきの石』公演がキメ手となったのである。

三池争議が闘われた大牟田へビデオ取材に向う陽子。
折りしも、大牟田は年に一度の「大蛇山」祭で湧き返っていた。それは、三池炭鉱閉山から5年、寂びれいく街の、それでも再生を願う人々のエネルギーを感じさせるものであった。しかし、陽子たちの取材はスムーズにはいかない。三池争議から40数年の歳月…三池争議の象徴ともいえる三川鉱ホッパーも、今は無い。それでも、陽子たちは、果敢に取材を進め、三池争議を闘った老婦人にインタビュー。「…首切り反対ちゅうて全国から応援の人が集まってきてですね…親兄弟のように親しくなって…」。だが、何かが足りない。その夜、三池争議を表現することの難しさを深町と語り合う陽子の携帯に電話が入る。父・謙作が亡くなったという母からの知らせ。「でも、取材は続ける」と陽子。そして、呟く。「番組が出来たら父に見せたかった…」


翌日。陽子らのクルーは、倉永中学校での『ひびきの石』公演を取材する。
場面は、三池争議後3年目に発生した三川鉱炭塵爆発事故。500人近くの人が亡くなったこの事故の犠牲者の一人、正嗣の娘『梓』を演じる詩織。公演後、インタビューを受けた詩織の口から、彼女の祖父が、あの事故に遭った一酸化炭素中毒患者だということが明らかになる。陽子のヒラメキ。番組のヘソになる…陽子は、詩織の祖父母への取材を決意する。


詩織の祖父母、塚本三吉(68歳)とマツ(63歳)を郊外の自宅に訪ねる陽子たち。
インタビューに応じた三吉は、会社が潰れると思って第二組合に移ったのに、事故には遭うし、会社も潰れてしまって、どうしてこんなことになるのか…と自嘲しつつ、「石炭から石油の時代」を煽り立てたマスコミの責任を鋭く突く。そして、「もう少し大きな声で話してくれ」というスタッフの声に逆上。「あんガスば吸ったもんの苦しみがあんたたちに分るとね!テレビの人に分るとね!」と言い残して去る。こうした怒りっぽさもガス中毒の一つの症状だったのである。
衝撃を受ける陽子たち。しかし、陽子にとって、その衝撃以上の事実が明らかになる。なんと、マツは、父・謙作の許婚であったのだ。マツは、謙作からの手紙を陽子に読ませる。謙作は、争議中に第一組合から第二組合に移っていたのだ。謙作はこう書き残していた。「…あの争議で私たちの裏切りさえなかったら、絶対、今回の三川鉱炭塵爆発事故は起きなかったはずです。三池労組が健在で、かっての力を保っていれば、会社の生産第一主義に必ずやストップをかけることができたはずです。そのような意味で、私の選択がもたらした結果への責任は、重大です。一生の十字架として私の心の中で死ぬまで疼き続けることでしょう」 

そうだったのか!…父の沈黙とこだわりの意味を深く理解した陽子は、泣いた。

父の真情に…今は、この世を去った父への追慕に…


そんな陽子は、今も残る宮原鉱櫓をバックに、番組をこう締めくくった。

「…私たちが知ったのは40年たってもなお残る三池争議とあの三川鉱炭塵爆発事故の深い傷痕でした。同時に、私たちマスコミの責任ということも深く考えさせられました」


しかし、陽子の番組の全国放送は、森嶋によって拒絶される。
森嶋は、番組の出来映えを一応評価しながら、全国放送を許さない。陽子は、今さらながら民放の限界を知る。
陽子の中で何かが動く…


深町が、会社からの見せしめで製作現場の第一線を外され、営業部にまわされたことを聞いた陽子は、数日後の夜、中洲の屋台で叔父・正昭(58歳)と会う。
正昭は、父・謙作の弟で、以前は福岡中央テレビに勤め、陽子の入社にも尽力したのだが、今は、地方紙を細々と発行している。番組は妥協の産物と自嘲気味に語る陽子。そんな陽子を励ましながら、テレビ局を辞めた理由を語る正昭。正昭は、語る。「兄貴、お前のお父さんの影ば背負っていた…、どこかに、兄貴への罪滅ぼしちゅう気持のあるかもしれんね」。正昭には、自分の大学進学のための学費を工面するために、己の信じる道に背いて第二組合に移らざるをえなかった謙作への贖罪意識が消えていなかったのである。


その深夜。陽子は謙作の遺影に語りかける。
「…お父さん。娘の私がフラフラ生きててもしょうがないよね…私、原謙作の娘だもんね」


そして、陽子は、テレビ番組の放送中に、外資の乗っ取りに反対している仲間への支援を訴える。
放送を終えてスタジオを去る陽子を、慌てて追い縋る森嶋。
森嶋「陽子、気でも狂ったのか?前にも約束したように、新しい体制になったら、お前を中心にした番組を考えているんだぞ」
陽子「ありがとうございます。でも、私、変わったんです」
森嶋「変わった?」
陽子「これまで、長い間ありがとうございました…こんなかたちでお別れしたくなかったんですが」
と踵を返す陽子…


局舎の玄関前では、深町がビラを配っていた。
『HTCは、再建できる!より地域に根ざした放送局に』。陽子、深町からビラを受け取りながら、放送中に深町たちへの支援を訴えたことを告げる。驚く深町に陽子は一言。「私流のオトシマエよ」。去りかかった陽子、さらに一言。「最近ね。目を閉じると、深町君の姿が浮かび、体が一つになるような感覚になるの…何故だろう」「はあ…」「もう、深町君。組合活動も結構だけど、少しは、女の子の勉強もしてよね」「はあ…」と目を白黒させる深町であった。


局舎の地下駐車場。
足早にやってきた陽子。スポーツカーに乗り込むと、バックミラーに写る自分に微笑み返す。


福岡の都市高速道路を疾走するスポーツカー。
運転席に陽子。陽子、携帯をかける。相手は、詩織である。

陽子「もしもし…詩織ちゃん…これから、会わない?」。
詩織の声「いいすけど。なんかあったですか?」
陽子「会ったら話すよ。それでさあ。私、森嶋さんと別れちゃった」
詩織の声「うひょう!!カッコいい。で、 深町くんに路線変更?」
陽子「うーん。考え中。で、私、『ひだるか』 の女、卒業できたかしら?」
詩織の声「上等です!合格ですよ」
陽子「(ニッコリ笑って)ありがとう。じゃあ。後ほど」


高速道路を走り去る陽子の車の向こうに広がる福岡の街…


ページについてのご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。
Copyright 2006:「ひだるか」製作上映委員会 All copyright reserved